本文へ移動
簡易グレード記載・合成ダイヤモンド鑑別書の発行開始! <第4弾>
2019-03-20
☆☆☆ 合成ダイヤモンドの簡易グレーディングについて ☆☆☆
 
昨年秋口から合成ダイヤモンドの国内外での販売がスタートし、今年1月の国際宝飾展においても合成ダイヤモンドを取り扱う複数の業者が出店しておりました。また、新聞やテレビによる多数の報道により消費者も合成ダイヤモンドについて知ることとなりました。
今後、国内の合成ダイヤモンドの流通量が急激に増加する可能性があるため、一般社団法人宝石鑑別団体協議会は合成ダイヤモンドのグレーディングについて検討を重ねてまいりました。一般消費者に混乱を与える事を避けるために、合成ダイヤモンドにグレーディングレポートは発行せず、鑑別書による発行にとどめることになりました。
2019年4月1日から、お客様のご要望をいただいた場合、天然ダイヤモンドとは異なるグレード用語を用いた簡易グレードをコメント欄等に記載した鑑別書を発行するサービスを開始いたします。
AGLが合成ダイヤモンドのグレーディングに使用する用語は以下の通りです。
 
カラー・グレード用語 
*D~Zカラー(3段階)
COLORLESS
NEAR COLORLESS
LIGHT COLOR
目安としてCOLORLESS(D~F)、NEAR COLORLESS(G~M)、LIGHT COLOR(N~Z)とする。
*ファンシーカラー(2段階)
使用する色相:PINK(RED)、ORANGE、YELLOW、GREEN、BLUE、BROWN。
ORANGY PINKやPURPLISH PINKなどの2色にまたがった表示は任意とする。
LIGHT:薄い色全般に使用  
例)LIGHT PINK、LIGHT BLUE
色相のみ:FANCY LIGHTを含め濃い色全般に使用 
例)PINK、BLUE
 
クラリティ・グレード用語(4段階)
VVSクラス(FL、IFはVVSクラスに含む)
VSクラス
SIクラス
Iクラス

カット・グレード用語(4段階)
EXCELLENT(ポリッシュ、シンメトリーの検査を義務付ける)
VERY GOOD
GOOD
FAIR
合成カラーダイヤモンドのカット・グレードは任意とする
 
簡易カラー・グレード用語、クラリティ・グレード用語、カット・グレード用語の表示を英語又は日本語で行う事は、任意とする。
 
一般社団法人
宝石鑑別団体協議会
〒110-0015
東京都台東区東上野1-26-2-507
TEL.03-3835-8273
FAX.03-3835-8410

1.宝石の鑑定・鑑別ルール作成普及
2.消費者相談
2
0
8
7
7
0
TOPへ戻る