一般社団法人 宝石鑑別団体協議会|宝石の鑑定・鑑別|消費者相談|東京都|台東区|東上野|

 
 

一般社団法人 宝石鑑別団体協議会からのお知らせ

一般社団法人 宝石鑑別団体協議会からのお知らせ
2
 
真珠の定義および命名法に関する規定を更新しました。
2016-01-14
 
AGL会員は、「花珠鑑別書」を発行しておりません。
2014-12-24

私達AGL会員は、下記の理由により、「花珠」と表示したレポートを発行しておりません。

 

    本来“ハナ珠”(花珠)とは、真珠養殖業界においてアコヤ貝から採取したばかりの真珠で、非常に品質の優れたものを表す業者間での用語であり、加工・製品化されたアコヤ真珠には使用していなかった。

 

 

   花珠鑑別には、業界全体のコンセンサスが得られる明確な品質基準や判断基準がない。

 

 

    花珠という用語が、消費者に高品質をイメージさせる懸念がある。

 

 

AGLは、「鑑別書記載表示規定」に則り、会員が発行する鑑別書に“花珠”と表示することを、禁止しています。又、一般社団法人日本真珠振興会は、ホームページ上で、“花珠”という用語を、「養殖真珠のなかでキズが少なく、巻き、テリ、形、色などが良いものを言いますが、明確な基準や統一基準などは特にありません。」と解説しています。

 

 
検査条件が制限された「枠付き小粒ダイヤモンド」のコメントを開示!
2014-09-09
 
枠付き小粒ダイヤモンド「開示コメント」使用検査条件を設定しました。
2014-08-01
AGLは「枠付き小粒ダイヤモンド 開示コメント使用検査条件」を設定し、平成26年8月1日より本ルールに則り、枠付き小粒ダイヤモンドの開示コメントを使用します。
但し、枠にセットされている小粒ダイヤモンド(無色)においては、検査に限界がある為、HPHT(高温高圧)プロセスの判定はしておりません。
 
放射線測定器:シンチレーションカウンターの精度チェック終了!
2014-07-25
 
大美弘氏(日本宝石科学協会)との訴訟終了に関するお知らせ
2014-06-17
大美弘氏は、当法人らに対して民事訴訟を提起しておりましたが、以下の内容にて和解し、終了いたしましたのので、お知らせいたします。
和解条項(抜粋)
1.原告と被告らは、本件を円満に解決したことを相互に確認する。
2.被告らは、原告に対し、被告一般社団法人宝石鑑別団体協議会(以下「被告AGL」という。)が原告に対して理事会及び倫理委員会の決議のみをもって、社員総会の決議を経ずに除名処分(平成22年3月29日付け)を行ったことを認め、これを陳謝する。
3.原告及び被告らは、原告が平成22年3月29日付けで退会を申し出、同年4月29日付けで、被告AGLの社員たる地位を喪失したことを確認する。
 
カービングを施された養殖真珠の記載方法が訂正されました!
2014-06-10
 
4月1日から大粒ケシタイプ真珠の表記が変わります!
2014-01-09
 
AGLは、天然ダイヤモンドのみをグレーディングしています。
2013-12-17
 
一部のオパールについての注意
2013-11-11
2
一般社団法人
宝石鑑別団体協議会
〒110-0015
東京都台東区東上野1-26-2-507
TEL.03-3835-8273
FAX.03-3835-8410

───────────────
1.宝石の鑑定・鑑別ルール作成普及
2.消費者相談
───────────────
162048
<<一般社団法人 宝石鑑別団体協議会>> 〒110-0015 東京都台東区東上野1-26-2-202 TEL:03-3835-8273 FAX:03-3835-8410