一般社団法人 宝石鑑別団体協議会|宝石の鑑定・鑑別|消費者相談|東京都|台東区|東上野|

 
 

一般社団法人 宝石鑑別団体協議会からのお知らせ

一般社団法人 宝石鑑別団体協議会からのお知らせ
1
 
シンポジウム「中国の最新宝石事情」の報告を致します。
2017-12-11

 平成291122日、宝石学会(日本)との共催で『中国の最新宝石事情』をテーマとしたシンポジウムを行いました。以下に概要をご報告致します。

 中国を代表する宝石検査機関NGTC http://www.ngtc.com.cn/の陸太進博士(Dr. Lu Taijin)をお招きし、東京御徒町のオーラムビルにおいて、ご講演を頂きました。

 講演では、はじめにHPHT合成法とCVD合成法の理論的な説明が行われ、その後中国における製造会社が紹介されました。CVD合成法によるダイヤモンドの製造会社は小規模のものが数社ありますが、生産は限定的なようです。中国にはHPHT法によるダイヤモンドの大手製造会社が3社あり、世界の工業用ダイヤモンドのほぼすべての需要をまかなっています。2015年頃からこれらの会社において宝飾用のダイヤモンドが生産されるようになり、今日ではダイヤモンドジュエリーに混入する事例が増えています。NGTCではこれらの合成ダイヤモンドの特性を詳しく調査し、GV-5000に代表される様々な検査器機を開発しています。

 シンポジウムは定員ぎりぎりの100人にご参加いただき、盛況のうちに終了いたしました。有難うございます。

 
用語解説(主な処理について)を追加掲載しました。
2017-11-16
 
シンポジウム「中国の最新宝石事情」を宝石学会(日本)と共催!
2017-11-08

 平成291122日、AGLは「宝石学会(日本)」と下記のシンポジウムを共催致します。

高温高圧合成ダイヤモンドの生産が急増している中国における代表的宝石鑑別機関である

NGTCNational Gem & Jewelry Technology Administrative Center)の陸太進博士より

中国最新宝石事情についてお話を伺います。

 今回は、「宝石学会(日本)」とAGLの会員及びその関係者を主な対象者としての講演で、

一般の方へのご案内はできませんが、シンポジウム後にご報告をさせていただきますので、

楽しみにお待ち下さいますようお願い致します。

 
レポート発行日の記載方法は、15年前にルール化されました。
2017-10-01
鑑別書及びグレーディング・レポートの発行日の記載方法
 
平成14年(2002年)10月1日より、AGL会員が発行する鑑別書及びグレーディング・レポート
(以下、レポートと称します)には、下記の様式で発行日が記載されています。
 
記載例
    100117
     (10月)(01日)(2017年)
 
平成29年(2017年)10月1日に発行されたレポートの場合、月・日・年の順に記載いたします。
年は西暦の下2桁を採用しています。
 
レポートは、発行時点での技術・情報・ルールに基づく検査報告書ですので、発行日の記載は重要
です。表記位置はレポートのレイアウトの都合によりますが、概ね会員社名の近くに記載されています。
発行日記載を義務化して15年が経過いたしました。記載方法へのご理解も賜りますようお願い申し上げます。
 
認定マスターストーンの更新が終了しました!(認定番号一覧表)
2017-04-06
 
AGL会員発行の鑑別書に記載されるコメントの解説を追加
2017-03-22
 
シロチョウ養殖真珠の開示コメントを追加します。
2016-11-07
 
[合成ダイヤモンド]に対するAGLの対応について
2016-11-07
 
   「合成ダイヤモンドに対するAGLの対応について」
 
天然ダイヤモンドは、地球の深部で何億年という歳月をかけて育まれた奇跡の結晶です。
その美しさと希少性から宝石の王様といわれています。
いっぽう、人工的に研究室や工場で作られたダイヤモンドは合成ダイヤモンドと呼ばれ
ており、その硬さや熱伝導性などの優れた性質ゆえに工業的に広く利用されています。
近年、工業的に利用されてきた合成ダイヤモンドの需給バランスに変動が生じ、一部が
宝飾用に向けられ、天然ダイヤモンドのジュエリーに混入するという事例が散見される
ようになりました。
天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドは物質としては同じであり、その物理的・化学的
性質に違いはありません。しかし、その生い立ちは大きく異なっており、それを手がか
りに両者を識別することが可能となっています。
AGL会員機関では、合成ダイヤモンドに関する最新の情報と知識を共有し、鑑別に
必要な分析機器または疑わしい素材を粗選別できる器材を全社が保有しております。
その上で、ダイヤモンドの4Cをグレーディングする際にはすべて「天然」であること
を確認しております。また、ジュエリーにセットされた小粒ダイヤモンドについても
適切な情報開示を行っております(http://www.agl.jp/publics/index/12/)。
 
                                      一般社団法人 宝石鑑別団体協議会 2016/11/07
 
 
AGL会員発行の鑑別書に記載されるコメントの解説を順次掲載
2016-08-19
 
鑑別結果「養殖真珠」についての説明
2016-05-11
1
一般社団法人
宝石鑑別団体協議会
〒110-0015
東京都台東区東上野1-26-2-507
TEL.03-3835-8273
FAX.03-3835-8410

───────────────
1.宝石の鑑定・鑑別ルール作成普及
2.消費者相談
───────────────
162725
<<一般社団法人 宝石鑑別団体協議会>> 〒110-0015 東京都台東区東上野1-26-2-202 TEL:03-3835-8273 FAX:03-3835-8410