一般社団法人 宝石鑑別団体協議会|宝石の鑑定・鑑別|消費者相談|東京都|台東区|東上野|

 
 

一般社団法人 宝石鑑別団体協議会からのお知らせ

一般社団法人 宝石鑑別団体協議会からのお知らせ
1
 
認定マスターストーンの更新が終了しました!(認定番号一覧表)
2017-04-06
 
AGL会員発行の鑑別書に記載されるコメントの解説を追加
2017-03-22
 
シロチョウ養殖真珠の開示コメントを追加します。
2016-11-07
 
[合成ダイヤモンド]に対するAGLの対応について
2016-11-07
 
   「合成ダイヤモンドに対するAGLの対応について」
 
天然ダイヤモンドは、地球の深部で何億年という歳月をかけて育まれた奇跡の結晶です。
その美しさと希少性から宝石の王様といわれています。
いっぽう、人工的に研究室や工場で作られたダイヤモンドは合成ダイヤモンドと呼ばれ
ており、その硬さや熱伝導性などの優れた性質ゆえに工業的に広く利用されています。
近年、工業的に利用されてきた合成ダイヤモンドの需給バランスに変動が生じ、一部が
宝飾用に向けられ、天然ダイヤモンドのジュエリーに混入するという事例が散見される
ようになりました。
天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドは物質としては同じであり、その物理的・化学的
性質に違いはありません。しかし、その生い立ちは大きく異なっており、それを手がか
りに両者を識別することが可能となっています。
AGL会員機関では、合成ダイヤモンドに関する最新の情報と知識を共有し、鑑別に
必要な分析機器または疑わしい素材を粗選別できる器材を全社が保有しております。
その上で、ダイヤモンドの4Cをグレーディングする際にはすべて「天然」であること
を確認しております。また、ジュエリーにセットされた小粒ダイヤモンドについても
適切な情報開示を行っております(http://www.agl.jp/publics/index/12/)。
 
                                      一般社団法人 宝石鑑別団体協議会 2016/11/07
 
 
AGL会員発行の鑑別書に記載されるコメントの解説を順次掲載
2016-08-19
 
鑑別結果「養殖真珠」についての説明
2016-05-11
 
ダイヤモンド・レポートへの追加項目と略称名の使用について
2016-03-01
 
真珠の定義および命名法に関する規定を更新しました。
2016-01-14
 
AGL会員は、「花珠鑑別書」を発行しておりません。
2014-12-24

私達AGL会員は、下記の理由により、「花珠」と表示したレポートを発行しておりません。

 

    本来“ハナ珠”(花珠)とは、真珠養殖業界においてアコヤ貝から採取したばかりの真珠で、非常に品質の優れたものを表す業者間での用語であり、加工・製品化されたアコヤ真珠には使用していなかった。

 

 

   花珠鑑別には、業界全体のコンセンサスが得られる明確な品質基準や判断基準がない。

 

 

    花珠という用語が、消費者に高品質をイメージさせる懸念がある。

 

 

AGLは、「鑑別書記載表示規定」に則り、会員が発行する鑑別書に“花珠”と表示することを、禁止しています。又、一般社団法人日本真珠振興会は、ホームページ上で、“花珠”という用語を、「養殖真珠のなかでキズが少なく、巻き、テリ、形、色などが良いものを言いますが、明確な基準や統一基準などは特にありません。」と解説しています。

 

 
検査条件が制限された「枠付き小粒ダイヤモンド」のコメントを開示!
2014-09-09
1
一般社団法人
宝石鑑別団体協議会
〒110-0015
東京都台東区東上野1-26-2-507
TEL.03-3835-8273
FAX.03-3835-8410

───────────────
1.宝石の鑑定・鑑別ルール作成普及
2.消費者相談
───────────────
156919
<<一般社団法人 宝石鑑別団体協議会>> 〒110-0015 東京都台東区東上野1-26-2-202 TEL:03-3835-8273 FAX:03-3835-8410