一般社団法人 宝石鑑別団体協議会|宝石の鑑定・鑑別|消費者相談|東京都|台東区|東上野|

 
 

一般社団法人 宝石鑑別団体協議会からのお知らせ

一般社団法人 宝石鑑別団体協議会からのお知らせ
1
 
合成ダイヤモンドを正しく理解していただくために <第1弾>
2018-11-06
合成ダイヤモンドを正しく理解していただくために
 
         <合成ダイヤモンドとは>
天然ダイヤモンドは地球の深部において何億年という歳月にわたる地質学的プロセスを経て生まれた結晶です。その美しさと希少性から宝石として長く人々に愛されてきました。
いっぽうで、合成ダイヤモンドは天然ではなく、人工的に研究室や製造所で作られた結晶です。合成ダイヤモンドは化学成分や結晶構造は天然ダイヤモンドと基本的に同じで、光学的・物理的特性も同一です。
合成ダイヤモンドは、その硬さや熱伝導性などの優れた性質と品質の安定性ゆえに工業的に幅広く利用されてきました。そして、近年では工業利用されてきた合成ダイヤモンドの需給バランスの変動や単結晶育成技術の革新的進歩により、合成ダイヤモンドが宝飾市場に展開されるようになりました。
宝飾用合成ダイヤモンドの製造法には地球内部の高温高圧を模した高温高圧(HPHT)法と化学反応を利用した化学気相蒸着(CVD)法があります。両者ともに現在では大粒で高品質の単結晶を数日~数週間で量産することが可能で、現在多くの製造者が存在しています。
 
<合成ダイヤモンドの用語について>
この合成ダイヤモンドの用語使用について、2018年1月22日付で国際的なガイドラインが示されています。
この声明にはCIBJOやWFDBなど世界の主要なダイヤモンド産業の組織が加わっており、合成ダイヤモンドについて言及する場合は “synthetic”, “laboratory-grown”, “laboratory-created” のみを使用するものとし、“lab-grown” や “lab-created” などの略語を用いてはならないとしています。
日本国内では1994年に日本ジュエリー協会と宝石鑑別団体協議会の両団体が制定した「宝石もしくは装飾用に供される物質の定義および命名法」において人工生産物の呼称について定義しています。
これによると、同種の天然石が存在する人工生産物は「合成石」であり、人工的に製造されたダイヤモンドは合成ダイヤモンドと呼称します。また、天然に対応物が存在しない人工結晶は「人造石」であり、キュービックジルコニアは人造キュービックジルコニアと呼ばれます。
 
Q and A
 
Q. 合成ダイヤモンドは偽物ですか?
A. 偽物ではありませんが、天然ダイヤモンドでもありません。人工的に製造さ
れたダイヤモンドです。
 
Q. 「ラボ・グロウンダイヤモンド」とは何ですか?
A.  ラボ(laboratory:研究所、製造所)でグロウン(grown:成長した)ダイヤモンド。すなわち合成ダイヤモンドのことです。
 
Q. 合成ダイヤモンドは識別できますか?
A. 識別できます。しかし、光学的・物理的特性は天然と同じですので見た目で
の判別は不可能です。多くの場合鑑別機関での検査が必要となります。
 
Q. 合成ダイヤモンドに価値はないのですか?
A. それは個人の感性によります。合成ダイヤモンドについてよく理解して選
択してください。
 
「宝石鑑別ガイドブック」のお申し込みはコチラから!
2018-06-30

「宝石鑑別ガイドブック」は、おかげさまで発行以来ご好評をいただいております。

宝飾関係者以外の一般の消費者からのご希望には、事務局が対応することになりました。

410円相当の切手(82円の通常切手5枚)を同封してお申し込みいただけるようになりました。

詳しくは「お申し込み方法兼申込書」をお読みくださいますようお願い申し上げます。

 
AGLが初めて「宝石鑑別ガイドブック」を発行致しました!
2018-06-01

このたび、AGLは小冊子「宝石鑑別ガイドブック」を発行致しました。

AGL会員が発行する宝石鑑別書に記載される「開示コメント」の意味をご理解いただけます。

宝石を販売される方々は勿論、一般の消費者の皆様にも分かり易い内容になっております。

一冊300円と値段もお手頃です。(消費税・送料は別途かかります。)

AGL会員からお求めいただけますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

****************************************

「宝石鑑別ガイドブック」19ページに誤りがあります。

赤色及びピンクのトルマリンの放射線照射への開示コメントは、正しくは「通常、照射処理が行われています。」です。誠に申し訳ありませんが、訂正を宜しくお願い申し上げます。

****************************************

 
平成30年1月1日に、「タンザナイト」は宝石名になりました。
2018-05-31

ブルーゾイサイトは、備考欄に「別名 タンザナイトと呼ばれています」と記載しておりましたが、下記のように変更されました。

 鑑別結果 鉱物名 天然ゾイサイト

      宝石名 タンザナイト

昨年12月のAGL書面理事会において、タンザナイトは「別名」表記から「宝石名」に変更される事が、全理事の賛意により承認されました。

本年1月1日より実施されております。

 
平成30年度、ダイヤモンド・カラ―・マスターストーンの自主点検終了
2018-04-03

「JJA/AGL認定マスターストーン」の更新は3年に1度行われます。更新のない年は

毎3月にマスターストーン・セットの管理状況を自主点検し、チェック委員会宛てに

報告書を提出することが義務付けられています。

今年も自主点検が行われ、全てのマスターストーンは適切に管理されていることが

報告されました。

 

     平成30年度自主点検済み認定番号一覧
     ( JJA/AGL認定マスター・ストーン・セット)
 
  012  013  024  025  026  027  028  029  043  046  055 056 057
 
  067  068  070  071  073  075  076  201 202 203  204  205 206
 
  207  208  209  210  211  212  213  214 215 216  217  218 219
 
  220  221  223  224 501  503       (2018年4月2日現在)

 

 
4月1日より、鑑別書の開示コメントから「目的」の文言を除きます!
2018-02-22
 
処理ダイヤモンドの色の起源とコメントを変更いたします!
2018-01-10
 
シンポジウム「中国の最新宝石事情」の報告を致します。
2017-12-11

 平成291122日、宝石学会(日本)との共催で『中国の最新宝石事情』をテーマとしたシンポジウムを行いました。以下に概要をご報告致します。

 中国を代表する宝石検査機関NGTC http://www.ngtc.com.cn/の陸太進博士(Dr. Lu Taijin)をお招きし、東京御徒町のオーラムビルにおいて、ご講演を頂きました。

 講演では、はじめにHPHT合成法とCVD合成法の理論的な説明が行われ、その後中国における製造会社が紹介されました。CVD合成法によるダイヤモンドの製造会社は小規模のものが数社ありますが、生産は限定的なようです。中国にはHPHT法によるダイヤモンドの大手製造会社が3社あり、世界の工業用ダイヤモンドのほぼすべての需要をまかなっています。2015年頃からこれらの会社において宝飾用のダイヤモンドが生産されるようになり、今日ではダイヤモンドジュエリーに混入する事例が増えています。NGTCではこれらの合成ダイヤモンドの特性を詳しく調査し、GV-5000に代表される様々な検査器機を開発しています。

 シンポジウムは定員ぎりぎりの100人にご参加いただき、盛況のうちに終了いたしました。有難うございます。

 
用語解説(主な処理について)を追加掲載しました。
2017-11-16
 
シンポジウム「中国の最新宝石事情」を宝石学会(日本)と共催!
2017-11-08

 平成291122日、AGLは「宝石学会(日本)」と下記のシンポジウムを共催致します。

高温高圧合成ダイヤモンドの生産が急増している中国における代表的宝石鑑別機関である

NGTCNational Gem & Jewelry Technology Administrative Center)の陸太進博士より

中国最新宝石事情についてお話を伺います。

 今回は、「宝石学会(日本)」とAGLの会員及びその関係者を主な対象者としての講演で、

一般の方へのご案内はできませんが、シンポジウム後にご報告をさせていただきますので、

楽しみにお待ち下さいますようお願い致します。

1
一般社団法人
宝石鑑別団体協議会
〒110-0015
東京都台東区東上野1-26-2-507
TEL.03-3835-8273
FAX.03-3835-8410

───────────────
1.宝石の鑑定・鑑別ルール作成普及
2.消費者相談
───────────────
173826
<<一般社団法人 宝石鑑別団体協議会>> 〒110-0015 東京都台東区東上野1-26-2-507 TEL:03-3835-8273 FAX:03-3835-8410